本の選び方

育った環境には、活字の本はなく、最低限必要な時に読むぐらい。

自分で選ぶなんて、殆どしてこなかったから、

いざ、本を読もうとしても、どれを手に取ればいいか分からない…。

 

そんな私が、本を読まなければならない状況になりました!

起業します!

もう、会社で働いている自分が想像できなくなったので、そう決めました。

といっても、何の準備もアイデアもない状態なので、今から勉強します。

 

勉強なんて、いつでも出来る!

ニートって、可能性しかない!

 

と言う、とあるYoutuberさんの言葉を素直にスーパーポジティブに受け取り、

勉強したことをアウトプットしていくので、

こんなブログを見て下さっている、そこのあなた様!

是非、いろいろなアドバイスやコメントを下さい!!

よろしくお願いします。

 

ー本題ー

本の選び方。

【結論】

本を買う目的があるとおのずと選択肢が狭まる。

 

【本を買う目的があまり思い浮かばない場合の選び方】

自分の短所を克服できるような本にする。

(方法)

自分の短所を10個くらい把握して、それを少しでも改善・克服できるような本を探す。

ex)人前で話すのが苦手・・・〉『大勢の人の前で話す方法』の本とか

→自己成長ができる。

もちろん長所を伸ばすことでも良いみたいですが、

短所を少しでも改善・克服できた方が仕事力や人間力

一気に高められるからだそうです!

https://www.youtube.com/watch?v=0-DfPlx8gUo

 

 

 

上記結論から、今なら、どんな本を手に取ればよいのか、

2カ月前の自分よりかは分かってきました。

じゃぁなんで、どんな本を手に取ればよいのか分からなかったのか?

 

それは、何を基準に選んでいいか分からなかったから。

 

これですね。

私は活字を見たら眠くなる症候群はなかったので、

本は読むべきだよ~とか外部刺激が入ると、

「よーし!なんか読んでみるか!(アバウトw)」って本屋さん行くけど、

何読めばいいの?ベストセラーになってるの読めばいいの?

え?好きなジャンル?…恋愛物とかそういうこと?

そもそも読んでる本の実績少なすぎてジャンルとか分からん!w

あー、じゃぁ、この棚で、目があった本買ってみよ。

みたいな感じで何をもって本を選べばいいか、自分の基準がなかったのです。

 

でも今は、起業すると決め、

そのために情報を集め、知識を増やすということが必要になったので、

どんどん読みたい本が増えていく!

新しい単語、多様な考え方、今まで分かってる風だったけど

実は全然わかってない事が見えてきて、

読書ってこんなに楽しいんだー!!と思えるようになりました。

 

私の思う本の選び方以外にも、たくさん選ぶ基準があると思いますので、

是非、教えて頂ければ嬉しいです!

コメントよろしくお願いします💛